演出家 鈴木裕美の演劇のことを話す時間 Vol.3 ニューヨークでの俳優とプロデューサーとの間で交わされる契約書について

2020年10月02日(金)

オンライン

このイベントは終了しています 舞踊・演劇
演出家 鈴木裕美の演劇のことを話す時間 Vol.3 ニューヨークでの俳優とプロデューサーとの間で交わされる契約書についての画像
毎回違うテーマで鈴木裕美が「演劇のことを話す時間」第3回目です。

鈴木裕美コメント

◉今回のテーマ 
ニューヨークでの 俳優とプロデューサーとの間で交わされる契約書について

今回お話しをお聞きする清野一慧さんは、実はVol.2の「 俳優と演出家のコミュニケーション」 にNYから参加してくださいました。その際、 参加者の皆さんとのディスカッションの中で、「 後輩の俳優などに、『あそこの演技はこうした方が良い』 などと発言する俳優について、演出家はどう思うか」 という話題がありました。その時、とても興味深い発言してくださったのが清野さんです。曰く、NYの俳優とプロデューサーで交わす契約書の中には、「 他の俳優の演技などについて発言する場合は、 演出家の前で行うこと」という一文が入っているとのことでした。 面白い!もっとお話しを聞きたいと思いました。

数は多くありませんが、私はアメリカ、イギリス、韓国、 オーストラリアの演劇人たちと話す機会を持てたことがあります。 そこで感じたのは、 俳優の感じることはどこの国も全く同じなんだな、ということでした。 稽古場で抱えてしまう問題も似通っていることがとても多い。では、その問題に諸外国はどう対応しているのか、 以前から強い興味がありました。

今回はNYの事例を伺うことで、俳優の仕事、 責任とはなんなのかを考えていきたいと思います。私が清野さんにインタビューする形で、 NYの契約書の実例を基にお話しを伺い、 参加者の皆様からの質問にも答えていただくつもりです。


◉「演劇のことを話す時間」について

この5月から16回にわたり、オンラインで「戯曲の読み方」ワークショップをやってきました。その中で、戯曲についての以外の質問にもお答えしていたのですが、オーディションについてや、俳優と演出家とのコミュニケーションについてなどは、多くの方からご質問がありました。そこで、それらのご質問に特化したお話をさせていただく機会を作ってもいいのだな、と思いつき、「演劇のことを話す時間」 を始めることにしました。
隔週金曜日19時開演です。笑

オンラインではありますし、 完全な双方向は難しいかもしれませんが、 演劇のことを話し合えたらと思います。

内容は、毎回設定するテーマに基づき、1時間程私からお話しをさせて頂き、その後は皆様からのご質問にお答えします。 場合によってはディスカッションになると思います。音声、画像共にオンにしてご参加いただけますが、任意です。 どちらもオフにして、視聴だけの参加も可能です。


ゲスト:清野一慧(きよの・かずえ)
日程
時間
19:00〜20:30
料金
1,500円(消費税込)
対象・定員
演劇のことについて話したい方どなたでも 最大90名
申込期間
2020年10月2日(金)まで
申込方法
先着順

★参加について

演劇について話す時間に参加したい方、どなたでも参加できます。有線LAN、Wifi、モバイルネットワークなどインターネット接続ができる環境をお持ちの方。
リアルタイムのみ、アーカイブはありません。

「Zoom」を使って行います。PC・スマホ・タブレットなどから参加できます。
出来るだけ安定した通信環境での参加をお勧めします。複数機器での接続はご遠慮ください。
オーディオ、ビデオをONにしての参加、両方OFFで視聴のみの参加、どちらも可能です。
zoomに入室の際は、お名前を表示くださるようご協力をお願いします。
お問い合わせ
バグ・ミュージック株式会社
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-12-1
渋谷マークシティW22階
TEL:03-4360-5717
s-info@bug-corp.com

情報更新日:2020/9/25

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。

会場情報

オンライン

おすすめのイベント RECOMMEND

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイトでは、お客様のウェブ体験を向上させるためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。これ以降ページを遷移した場合、上記の目的のためにクッキーを使用することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシー をご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン