【開催中止】 令和2年度 かながわの遺跡展「相模川 遺跡紀行~3万年のものがたり~」

2021年2月9日(火)~2021年3月7日(日) 

神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室

このイベントは終了しています その他
【開催中止】  令和2年度 かながわの遺跡展「相模川 遺跡紀行~3万年のものがたり~」の画像
【開催中止となりました】
※今後の本県の感染状況や国の動向等によって、期間を短縮し開催する場合があります。
※1月12日(火)~3月7日(日)は臨時休館

 私たちは、日ごろどの程度「川」を意識しているでしょうか。穏やかに流れる川は、水道水や農業用水といった私たちの暮らしの重要な部分を支えていますが、普段は橋を渡るときや河川敷で目にする程度で、川のことをいつも気にかけている人は少ないでしょう。しかし、100 年ほど前まで、川は日々の暮らしに欠かせない水の源であり、様々な物資や人を運ぶ交通路であり、そしてまた両岸の往来を妨げ、時にはその流れで家や田畑を押し流す恐ろしいもので、人はその存在を無視することはできませんでした。

 本年度のかながわの遺跡展では、神奈川県内で最大の河川である相模川流域の遺跡をテーマとしました。相模川は、富士五湖のひとつである山中湖を水源のひとつとし、丹沢の山麓を潤しながら相模平野へと流れ出て、相模湾へと注ぎます。その流れは数多くの動植物を支えており、流域の生態系を豊かにしています。私たち人間もまたその例外ではなく、相模川の流域には人々の活動の痕跡が遺跡として数多く残されています。本展示では、はるか旧石器時代から始まり、3万年以上にわたり相模川のほとりで生きてきた人の歩みを見ていきます。この展示が、はるか昔から私たちの暮らしに寄り添ってきた「川」に思いを巡らせるきっかけになれば幸いです。 
日程
時間
9:30~17:00
※入館は閉館の30分前
※休館日:月曜日、2月12日(金)、16日(火)、24日(水)
料金
常設展観覧券でご覧いただけます。
一般300円(250円)
20歳未満・学生200円(150円)
高校生・65歳以上100円(100円)

※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料、( )内は20名以上の団体料金
※神奈川県立の美術館・博物館等の有料観覧券の半券提出による割引制度あり
お問い合わせ
神奈川県埋蔵文化財センター
045-252-8661

情報更新日:2021/2/4

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。

会場情報

神奈川県立歴史博物館

詳細
所在地
横浜市中区南仲通5-60
最寄駅
馬車道(みなとみらい線)
関内(JR 京浜東北・根岸線, 横浜市営地下鉄ブルーライン)
桜木町(JR 京浜東北・根岸線, 横浜市営地下鉄ブルーライン)
休館日
毎週月曜日(「国民の祝日・休日」の場合は開館)、資料整理休館日、年末年始、その他臨時休館日
子連れ関連情報
授乳室 おむつ交換台 ベビーカー貸出
バリアフリー情報
車椅子貸出

【備考】

多目的トイレ(前広便座) 盲導犬・聴導犬・介助犬の同伴可、福祉車両駐車スペースあり(駐車台数には限りがございます。事前にご相談ください)、館内エレベーターあり、館内エスカレーターあり(上りのみ。下りは階段またはエレベーターをご利用ください)

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイトでは、お客様のウェブ体験を向上させるためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。これ以降ページを遷移した場合、上記の目的のためにクッキーを使用することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシー をご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン