所蔵品展「古都へのあこがれ」

(木)~(火)

三溪記念館 第1・第2展示室

所蔵品展「古都へのあこがれ」の画像

重要文化財「木製多宝塔」(室町時代前期)

三溪記念館では、原三溪やゆかりの絵画・工芸品、園内にある重要文化財建造物・臨春閣の障壁画などの所蔵品を、定期的に展示替えを行いながら紹介しています。

三溪園は今年、大正11(1922)年の全園完成からちょうど100周年の節目を迎えています。これにちなみ、今回は“古都へのあこがれ”をテーマに、原三溪の三溪園造成に込めたイメージの一端を所蔵品から紹介します。

見どころは、2017年から実に5年ぶりの展示となる、重要文化財「木製多宝塔」。室町時代に作られたミニチュアの塔で三溪旧蔵の名品です。また、三溪の支援を受けた画家の一人、牛田雞村による「三溪園全図」は100年前の完成したころの園内の様子を伝える貴重な作品です。
時間
9:00~17:00(入場は16:30まで)
料金
観覧料 無料(入園料のみで観覧できます)

【入園料】
大人(高校生以上)700円
こども(小学生・中学生)200円

団体料金(10名以上)
大人600円 / こども100円
学生(高校生以上)300円 ※教職員が引率の場合

○65歳以上の市内在住者 200円
※横浜市発行の濱ともカードをご提示ください。
○障がい者(市内市外とも)本人および介護者1名まで無料
※障害者手帳をご提示ください。
お問い合わせ
三溪園 045-621-0634

情報更新日:2022/5/11

※最新情報および新型コロナウイルス感染症対策については、お問い合わせ先や公式サイト等で必ずご確認ください。

会場情報

三溪園

詳細
所在地
横浜市中区本牧三之谷58-1
最寄駅
根岸(JR 京浜東北・根岸線)
横浜(JR 東海道線, JR 京浜東北・根岸線, JR 横須賀線, JR 横浜線, 京浜急行線, 相鉄線, 東急東横線, みなとみらい線, 横浜市営地下鉄ブルーライン)
休館日
12月29日・30日・31日
子連れ関連情報
おむつ交換台
バリアフリー情報
多目的トイレ 車椅子貸出

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン