特別陳列「古文書が語る富士山宝永噴火-神奈川県域の被災と復興-」

(火)~(日)

神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室 第1室

特別陳列「古文書が語る富士山宝永噴火-神奈川県域の被災と復興-」の画像
特別陳列「古文書が語る富士山宝永噴火-神奈川県域の被災と復興-」の画像
約300年前の宝永4年11月23日(太陽暦1707年12月16日)、富士山が大噴火を起こしました。噴出された膨大な火山灰は静岡県御殿場市と小山町(駿河国駿東郡北半部)から神奈川県域(相模国および武蔵国南部)にかけて大量に降下し、地域一帯を埋め尽くしてしまいました。これにより耕地はもちろん、家屋敷・道路・水路 山野など、人々の生活・生産基盤は根こそぎ破壊され、その復旧は困難を極め、地域に大きなツメ跡を残しました。

当館では宝永噴火の様相と深刻な被災状況、そしてそこからの復興過程を振り返るために、2006年(平成18年)に特別展『富士山大噴火-宝永の「砂降り」と神奈川-』を開催し、神奈川県内はもとより、全国各地から集めた多くの関係資料を展示・紹介しました。しかしながら、神奈川県域には深刻な被災状況とその後の困難な復興過程を窺うことのできる、なお多くの古文書や絵図などの資料が残されています。この企画では前回の特別展には展示できなかった資料や、その後新たに見出した未紹介資料を中心に、関連資料をあらためて紹介します。

近年、東日本大震災をはじめ大きな自然災害が相次いでいます。かつて地域が経験した自然災害を振り返ることは、防災への備えをまた新たにすることにもつながることと思います。
時間
9:30~17:00(入場は16:30まで)
料金
常設展示観覧料でご覧いただけます。
一般300円(250円)
20歳未満・学生200円(150円)
65歳以上・高校生100円
※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料、( )内は20名以上の団体料金
※神奈川県立博物館等の有料観覧券の半券提出による割引制度あり
お問い合わせ
神奈川県立歴史博物館 企画普及課 045-201-0926

情報更新日:2019/11/7

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。

会場情報

神奈川県立歴史博物館

詳細
所在地
横浜市中区南仲通5-60
最寄駅
馬車道(みなとみらい線)
関内(JR 京浜東北・根岸線, 横浜市営地下鉄ブルーライン)
桜木町(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
毎週月曜日(「国民の祝日・休日」の場合は開館)、資料整理休館日、年末年始、その他臨時休館日
子連れ関連情報
授乳室 おむつ交換台 ベビーカー貸出
バリアフリー情報
車椅子貸出

【備考】

多目的トイレ(前広便座) 盲導犬・聴導犬・介助犬の同伴可、福祉車両駐車スペースあり(駐車台数には限りがございます。事前にご相談ください)、館内エレベーターあり、館内エスカレーターあり(上りのみ。下りは階段またはエレベーターをご利用ください)

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

画像:ページの上部に戻るアイコン