2022 日本×台湾 現代漆芸交流展

(土)~(金)

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

このイベントは終了しています 美術
2022 日本×台湾 現代漆芸交流展の画像
2018 年よりスタートした台湾作家と日本作家による漆交流展も、5 回を迎えることになりました。2020 年1 月以降、新型コロナウィルスの影響が続いていますが、一方で家族の大切さ・人間としての生き方・生命の尊さ・動植物との共存の仕方など改めて考える機会になったのではないかと思います。漆は自然と人間を繋げ、自然の鼓動に包まれた、ゆったりとした心地よい時間を与えてくれます。脈々と繋がる漆の歴史の中で、新世代の作家は漆作品の創造において、伝統にとらわれない表現を模索しています。漆も生きている、人間も共に成長していきます。
今回も台湾の漆芸作家を交えた創造的な作品をご覧いただけるほか、次世代への継承を目的とした展示になっております。特別参加として、9 月24 日(土)~10 月4 日(日) 東京藝術大学大学美術館陳列館で開催の「アジア漆の造形と祈り-東南アジアの漆-」から、東南アジアの漆作品も数点出品予定です。アジア全土に広がる漆の祭典となります。漆芸の奥行きを感じられる展覧会です。是非ご高覧ください。

【出品予定作家】
日本:畦地拓海/伊能一三/いらはらみつみ/井上洋介/岩田俊彦/梅津奈保子/江村忠彦/大曽根俊輔/大塚智嗣/小田伊織/小林秀俊/佐藤史幸/髙宮ヨウコ/中静志帆/中島靖高/柗井圭太郎/松島さくら子/松田環/三好かがり/横田千明/吉田真澄
台湾:張森洋/王翎嶽/黄桂珠/洪桂花/張美姜/廖勝文/林彥光/歐慧宜/吳彥甫/胡美林/吳明媛/趙崇源/黄麗淑
東南アジア:東京藝術大学大学美術館陳列館開催「アジア漆の造形と祈り-東南アジアの漆-」より Meat Mon/U Myint Khaing/Sumanatsya Voharn/Lipikorn Makaew/Angor Artwork工房/Sha Sha Higby/Marie-Dominique Bone Hyman

共同主催:台湾漆研究会/台中市漆芸協会/FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
--------------
[ACCESS]
 *各線「横浜駅」西口 より徒歩6分
 *横浜駅西口地下街[南12番出口]より出て左 [鶴屋町3丁目交差点]前方左角
時間
10:00~19:00
※最終日は17:00まで
※月曜休廊
料金
入場無料
お問い合わせ
FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
TEL:045-411-5031 FAX : 045-411-5032
E-mail : artmuseum@fukasaku.jp

Facebook:https://www.facebook.com/feiartmuseum
Instagram:https://www.instagram.com/fei.art
詳細情報URL
http://www.f-e-i.jp/

情報更新日:2022/9/27

※最新情報および新型コロナウイルス感染症対策については、お問い合わせ先や公式サイト等で必ずご確認ください。

会場情報

FEI ART MUSEUM YOKOHAMA

詳細
所在地
横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル1F
最寄駅
横浜(JR 東海道線, JR 京浜東北・根岸線, JR 横須賀線, 京浜急行線, 相鉄線, 東急東横線, みなとみらい線, 横浜市営地下鉄ブルーライン)
休館日
月・夏季・年末年始

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン