私の本について話そう 藤沢周 朗読とトーク 「連作小説館」と「世阿弥最後の花」

(土)

県立神奈川近代文学館

私の本について話そう 藤沢周 朗読とトーク 「連作小説館」と「世阿弥最後の花」の画像
故郷・新潟と鎌倉の往還にまつわる幻想を凝縮した「連作小説館」(「Web新小説」で連載中・12月完結)。佐渡への流刑に処された世阿弥の晩年の日々を描いた『世阿弥最後の花』(河出書房新社)。担当編集者を聞き手に迎えたトークと作者自らの朗読により、作品世界をいっそう深く味わうイベントです。会場との質疑応答、書籍販売・サイン会も予定しています。

【出演】
藤沢周(作家)
司会:岡﨑成美(春陽堂書店)、 聞き手:尾形龍太郎(河出書房新社)
〈プロフィール〉
藤沢周(ふじさわ・しゅう)……1959年、新潟県生まれ。法政大学文学部卒業。書評紙「図書新聞」の編集者などを経て、1993年「ゾーンを左に曲がれ」で作家デビュー。1998年「ブエノスアイレス午前零時」で第119回芥川賞受賞。著書に『刺青』『オレンジ・アンド・タール』『さだめ』『雨月』『箱崎ジャンクション』『幻夢』『心中抄』『キルリアン』『波羅蜜』『武蔵無常』『世阿弥最後の花』、2017年映画化された『武曲』など多数。元法政大学教授、神奈川文学振興会理事。
時間
13:30開演(13:00開場)
料金
一般800円(友の会会員600円)
※お申し込みをいただいた方には、当日9:30から展示館1階ミュージアムショップで入場整理番号付きチケットを販売します。
*未就学児の入場はご遠慮ください。
申込方法
電話(045-622-6666)またはHPの申込フォームでお名前・電話番号・参加人数をお知らせください。料金は当日のお支払い、先着順で定員になり次第締め切ります。
お問い合わせ
公益財団法人神奈川文学振興会
045-622-6666

情報更新日:2022/11/8

※最新情報および新型コロナウイルス感染症対策については、お問い合わせ先や公式サイト等で必ずご確認ください。

会場情報

県立神奈川近代文学館

詳細
所在地
横浜市中区山手町110 港の見える丘公園内
最寄駅
元町・中華街(みなとみらい線)
石川町(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
月曜日(祝日は開館)・年末年始(12/28-1/4)・展示替期間 ほか
子連れ関連情報
授乳室 おむつ交換台 給湯設備 ベビーカー貸出
バリアフリー情報
多目的トイレ オストメイト対応 車椅子貸出 筆談器

【備考】

点字ブロックあり

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン