テーマ展「馬のお世話のいまむかし」

2022年12月10日(土)~2023年2月12日(日)

馬の博物館 第2展示室

テーマ展「馬のお世話のいまむかし」の画像
馬は、今から5500年ほど前に家畜化されたと考えられています。家畜化とは、野生動物を人間が自分たちの生活に役立つように品種改良し、飼養し、繁殖させることです。このうち、「飼養」とは、かんたんに言うと「お世話」のことです。餌や水をあげ、馬体と周りの環境をきれいにすることはもちろん、馬のことをよく観察して、適切な「お世話」をすることで、馬と人とのよい関係を築くことができます。

日本では、これまでどのような馬のお世話がなされてきたのでしょうか。厩、餌・水やり、からだの手入れ、蹄のケア、医療、糞尿の処理などについて、今と昔で変わったこと、あるいは変わらないことは何か、馬の博物館所蔵資料を通して考えてみましょう。
日程
時間
10:00~16:30(入館は16:00まで)
料金
大人100円、小・中・高校生30円
※障がい者手帳をお持ちの方は無料(介護者は原則1名半額)
※毎週土曜日は小・中・高校生無料
お問い合わせ
公益財団法人 馬事文化財団 045-662-7581

情報更新日:2022/12/5

※最新情報および新型コロナウイルス感染症対策については、お問い合わせ先や公式サイト等で必ずご確認ください。

会場情報

馬の博物館

詳細
所在地
横浜市中区根岸台1-3 根岸競馬記念公苑
最寄駅
根岸(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
月曜日(祝日・振替休日は開館し、直後の平日)、年末年始、その他
バリアフリー情報
多目的トイレ 車椅子貸出

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン