特別展「南方ノート」と「戦後日記」――大佛次郎が見た戦中・戦後

(火)~(日)

大佛次郎記念館 2階ギャラリー

このイベントは終了しています 文芸 歴史・文化 展示
特別展「南方ノート」と「戦後日記」――大佛次郎が見た戦中・戦後の画像
本展は、2023年刊行の新著『南方ノート・戦後日記』の出版を記念する展覧会。
6冊のノートに綴られた南方(現東南アジア諸国)視察中の日記(1943.11~1944.2)と、既刊『敗戦日記』に続く8冊の戦後日記(1946.3~1950.8)の内容が、初めて活字化されました。
大佛次郎は南方から帰国後、「別の生き方が初まっているのである」(『敗戦日記』1944.10.9)と記し、南方体験が転機となったことを示唆しています。
しかしながら、その南方での記録は、『帰郷』をはじめとする小説や随筆などで描写される以外、公開されてきませんでした。本展は、二つの「日記」の記述をたどることで、戦中の南方、敗戦直後の日本で大佛次郎が何を見、何を思ったのか、
作家の視線とその思いにせまります。
検閲を経ない個人の「日記」だからこそ書ける当時の社会状況や、作家として、雑誌「苦楽」を世に送る出版人としての苦悩など、等身大の大佛次郎を通して激動の時代を紹介します。
時間
9月まで:10:00~17:30(最終入館17:00)
10月以降:10:00~17:00(最終入館16:30)
料金
一般200円 団体(20名以上)150円、中学生以下無料

  ※横浜市在住の65歳以上の方100円(濱ともカード等をご提示ください)
  ※毎月第2・第4土曜日は高校生以下無料
※毎月23日は「市民の読書の日」につき、高校生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方とお付添の方1名は無料
お問い合わせ
大佛次郎記念館 osaragi@yaf.or.jp

情報更新日:2023/11/30

会場情報

大佛次郎記念館

詳細
所在地
横浜市中区山手町113
最寄駅
元町・中華街(みなとみらい線)
石川町(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)
バリアフリー情報
車椅子貸出

【備考】

1階はスロープ設置により、車いす入館可

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン