フィナーレ展「うまはく所蔵優品選」

(土)~(日)

馬の博物館 第2・3展示室

このイベントは終了しています 美術 交通・乗り物 展示
フィナーレ展「うまはく所蔵優品選」の画像
フィナーレ展「うまはく所蔵優品選」の画像

「厩図屏風」 六曲一隻 桃山時代 馬の博物館蔵

フィナーレ展「うまはく所蔵優品選」の画像

「根付 十二支」 象牙 江戸時代 馬の博物館蔵

 馬を専門とする日本唯一の博物館として「馬博(うまはく)」の愛称で親しまれてきた当館は、1977年(昭和52)、「自然と馬」「大衆と馬」「歴史と馬」「乗馬の技術」「競馬」の5つのテーマで構成した常設展示とともにオープンしました。現在までに形成したコレクションは、歴史・民俗・美術工芸・競馬等多岐に渡ります。また、他館との交流によって特別展等も企画し、馬と人とのかかわりのなかで生み出されてきた古今東西の多種多様な文物を、様々な視点からご紹介してまいりました。

 このたび収蔵資料の修復等を行うため、2024年1月28日をもってしばらくの間休館する運びとなりました。本展覧会では休館前のフィナーレとして、収蔵資料を精選し披露いたします。馬の奥深い魅力に触れ、馬に親しんでいただく機会となれば幸いです。
時間
開館時間:10:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜日(1月8日は開館)、12月28日~1月4日、1月9日
料金
大人200円、小・中・高校生30円
※毎週土曜日は小・中・高校生無料
※障がい者手帳をお持ちの方は無料(介護者は原則1名半額)
お問い合わせ
公益財団法人馬事文化財団 045-662-7581

情報更新日:2023/12/22

会場情報

馬の博物館【馬の博物館は収蔵物の整理・移動のため2024年1月28日(日)をもって休館中】

詳細
所在地
横浜市中区根岸台1-3 根岸競馬記念公苑
最寄駅
根岸(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
月曜日(祝日・振替休日は開館し、直後の平日)、年末年始、その他
バリアフリー情報
多目的トイレ 車椅子貸出

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン