第8回横浜トリエンナーレ「おしゃべり鑑賞デー」

2024年4月14日(日)、5月5日(日・祝)

横浜美術館【2024年3月リニューアルオープン】

このイベントは終了しています 美術 科学・技術 その他 展示
第8回横浜トリエンナーレ「おしゃべり鑑賞デー」の画像
 第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」では、4月14日(日)及び5月5日(日・祝)に「おしゃべり鑑賞デー」を会場である横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKOで開催します。
 「おしゃべり鑑賞デー」は、展示室内で気兼ねなく会話をしながら作品を鑑賞し、小さなお子様や 現代アートに馴染みのない方々が、気軽にアートに親しむことができるイベントです。横浜トリエンナーレには、「展示室内では会話を控える」というルールはありませんが、「アート鑑賞はしゃべってはいけない」という一般的なイメージがあり、小さなお子様連れやアートビギナーには 敷居が高いと感じている方が多いようです。
 「おしゃべり鑑賞デー」は、乳幼児や小さなお子様と一緒にご家族で、また、美術館は初めてという方々に、気軽にアートに触れていただく機会です。
 当日は、展覧会を鑑賞した驚きや不思議に感じたことなど、感想を自由に語り合うツールやイベントとして、作品を見ながら取り組むワークシートを小学生以下の児童・未就学児に配布するほか、「ロボットと遊ぶ『野草』クイズ大会」を実施します。
 また、横浜美術館では、5月5日(日・祝)に、お子様連れのお客様を優先的にご案内する「こどもファスト・トラック」も設置します。この機会にぜひ、ご来場ください。
日程
時間
10:00~18:00
料金
18歳以下または高校生以下は無料

-チケット情報-

■「野草:いま、ここで生きてる」鑑賞券
(横浜美術館/旧第一銀行横浜支店/BankART KAIKOの3会場に入場可能(別日程も可))
一般 2,300円
横浜市民 2,100円
学生(19歳以上) 1,200円

■セット券
(「野草:いま、ここで生きてる」鑑賞券と「BankART Life7」「黄金町バザール2024」のパスポートがセットになったチケット)
一般 3,300円
横浜市民 3,100円
学生(19歳以上) 2,000円

■フリーパス ※「横浜美術館」会場のみで購入できます。
一般 5,300円
横浜市民 5,100円
学生(19歳以上) 3,000円

チケット情報詳細は、公式WEBサイトをご確認ください。
https://www.yokohamatriennale.jp/2024/ticket
対象・定員
どなたでも
申込期間
申込不要。ただし、展示鑑賞にはチケットの購入が必要(18歳以下または高校生以下は無料)。
お問い合わせ
横浜トリエンナーレ組織委員会事務局
(横浜市にぎわいスポーツ文化局創造都市推進課内)
nw-tri@city.yokohama.jp

情報更新日:2024/4/9

会場情報

撮影:新津保建秀

横浜美術館【2024年3月15日リニューアルオープン】

詳細
所在地
横浜市西区みなとみらい3-4-1
最寄駅
みなとみらい(みなとみらい線)
桜木町(JR 京浜東北・根岸線, 横浜市営地下鉄ブルーライン)
休館日
木曜日、年末年始 ※開館日・時間は展覧会によって異なる場合がございます。

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン