イザベル・ファウスト J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ 全曲演奏会 第1夜(全2夜)

(水)

青葉区民文化センター フィリアホール

イザベル・ファウスト J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ 全曲演奏会 第1夜(全2夜)の画像

©Marco Borggreve

踊り、嘆き、そして讃える。永遠にして、至高の音楽。
今やヴァイオリン界で確固たる地位を築くイザベル・ファウスト。華麗な芸風とはやや異なる彼女の何が、それほどにも耳の肥えた世界中のファンを惹きつけるのでしょう?
 ファウストはこれまで、モダン楽器とともにバロック楽器の奏法も学び(実際に演奏することも)、その経験を活かして、ライフワークとするバッハに腰を据えて取り組みつつ、これまであまり顧みられなかったバロック作品にも積極的に取り組んできました。一方で、あくまで自らの起点はモダン楽器として古典~ロマン派の作品にも取り組み、さらに超絶的な技術を要求される現代作品も完璧にこなす…という、それまでにない幅広い領域を経験してきました。その結果としての極めて正確無比なテクニック、作品を深く研究した結果の自然きわまる表現…それは今や世界に数多いる「上手な」ヴァイオリニストとは段違いの水準にあり、他の演奏家と一線を画す強い説得力を生んでいるのです。
 2013年フィリアホールに初登場したファウストは、今回と同じ無伴奏で、バッハと現代曲(シェルシ/クセナキス)を組み合わせたプログラムを披露しました。最後のバッハ「シャコンヌ」が終わってからようやく拍手が始まるまでの、永遠とも思える無音の時間は、その時の聴衆の語り草になっています。それほどに彼女の演奏は、聴衆を陶然とさせる、神がかった力をもっていたのです。
そこから早くも11年。再登場の今回は、前回以降に希望を多くいただいていた無伴奏バッハ作品全曲演奏がついに実現!ここまでの期間もファウストはバッハに深く向き合っており、2021年の東京公演での演奏が記憶に新しい方も多いはず。今回はいかなるバッハの新たな姿を見せてくれるのか…?期待は深まるばかりです。

ヴァイオリン◎イザベル・ファウスト

J,S.バッハ◎
 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト短調 BWV1001
 無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第1番 ロ短調 BWV1002
 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ長調 BWV1005

時間
19:00開演(18:30開場) 20:30終演予定
料金
全席指定7,500円
対象・定員
【定員】500名
お問い合わせ
フィリアホールチケットセンター
045-982-9999

情報更新日:2024/5/30

会場情報

青葉区民文化センター フィリアホール

詳細
所在地
横浜市青葉区青葉台2-1-1 青葉台東急スクエアSouth-1 本館5階
最寄駅
青葉台(東急田園都市線)
休館日
毎月第3水曜日、年末年始12/29-1/3
子連れ関連情報
おむつ交換台

【備考】

South-1 本館 4階に「エンジェルスペース ベビー休憩室」(給湯器をはじめ、女性専用授乳室、ベビーベット、おむつ用ゴミ箱、飲料自販機、簡易遊び場、子供用トイレ、ソファ) South-1 本館1階とSouth-2 1階にコインリターン式のベビーカー(レンタル可能時間 10:00-21:00、ご利用当日に必ずお戻しください/ご利用にあたっての詳細は青葉台東急スクエアの施設案内ページをご確認下さい)
バリアフリー情報

【備考】

South-1 本館 1階に「多目的トイレ」

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン