岩崎ミュージアム第444回企画展 MyteeSummit2020 みんなでつながる絵を描こう!

(水)~(月)

岩崎博物館(ゲーテ座記念)

岩崎ミュージアム第444回企画展 MyteeSummit2020 みんなでつながる絵を描こう!の画像
今まで数十年、ロコはつながるアートを描きつづけてきました。70年代から桜木町ガード下に、横浜博覧会のパビリオンに、そのはじをカリフォルニアの小学校の生徒と校舎にペイント、そのはじをみなとみらいランドマークのフェンスアート、ポートサイド500mの工事用フェンスに…そのはじを、2011年に東日本大震災を受けた小・中学校のこどもと描き、そのはじを再び、カリフォルニアのこどもたちへリレーしたり、様々な場で描きました。このコロナの影響で、こどもたち、大人たちも、様々な人々が交流のチャンスをうばわれました。今こそ、人と人がつながっている重要性を再認識するときです。ひとり、ひとりがためされ、世界人類がためされている時です。
皆さん、ぜひ「みんなでつながる絵を描こう!」にご参加下さい!

2020年6月4日(木) Rocco’s



●リモートワークショップ
「みんなでつながる絵を描こう!!」
壁一面に、みんなでつながるタイルのような絵を作ります!
※ワークショップの詳細は、岩崎ミュージアムのHPで!!



●ロコサトシ(Rocco)

1970年代後半、桜木町東横線高架下で不思議なシルエットの壁画を描き始め、現在ではウォールペイントの創始者として周知されています。

‘89年横浜博覧会で最大級のパビリオンをペイント。新本牧地区、みなとみらい21地区、横浜ポートサイド地区など、横浜のシティ・キャラクターを形成する重要な景観に作品を提供。’95年には市営バスのペイントが話題を呼びました。民間からも数多くの壁画などの依頼を受けています。’95年より彫刻の森美術館に作品を常設。渋谷同潤会アパートのイベント、表参道の大壁画を担当。一方、’90年よりカリフォルニア州・サンディエゴ市に拠点を構え、その活動に対し、同市長より謝意宣言書が発布されました。ボブ・マレー生誕50周年記念コンサートでは平和賞受賞、その年のアートオブザイヤー・ベスト10に選ばれました。そして、’99年に横浜市文化賞奨励賞芸術部門賞受賞しました。

2011年は、横浜赤レンガ倉庫の100年前のカワラに絵を描くワークショップを月に1回開催しています。作家活動と並行してさまざまなワークショップを行っています。特に街と学校と家庭とのつながりを深めるため、父兄、教職者、自治体などと話し合いを重ね、美術を通して子供たちの生活や学校の環境の改革に力を入れています。

2018年には画業40周年を迎え、戸塚区民文化センター さくらプラザのギャラリーでの大規模な個展を皮切りに横浜各地で展覧会・イベントを開催しました。また、80年代後半に活動していた横浜の姉妹都市サンディエゴで、20年ぶりに発見された当時の作品が縁で、現地からの招聘により展覧会・講演会・ワークショップを開催しました。
時間
10:00~17:00(最終入館は16:30)
料金
大人 300円
小人(小・中学生) 100円
お問い合わせ
岩崎ミュージアム 045-623-2111

情報更新日:2020/6/12

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。

会場情報

岩崎博物館(ゲーテ座記念)

詳細
所在地
横浜市中区山手町254
最寄駅
元町・中華街(みなとみらい線)
石川町(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
毎週月曜日(月曜日が祝祭日の場合は翌日)・年末年始

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

画像:ページの上部に戻るアイコン