テーマ展示「写し、写された大佛次郎 文士は必ずカメラを持て」

(木)~(日)

大佛次郎記念館

このイベントは終了しています 写真・映像 文芸
テーマ展示「写し、写された大佛次郎 文士は必ずカメラを持て」の画像
テーマ展示「写し、写された大佛次郎 文士は必ずカメラを持て」の画像

山沢栄子≪大佛次郎肖像≫1942年

山沢栄子≪大佛次郎肖像≫1942年
「文士は必ずカメラを持て」が持論だった大佛次郎。旅先、取材、趣味と多様な場面でカメラを活用し≪写し≫ていた大佛ですが、新聞や雑誌で取材を受ける際には被写体として≪写される≫側でした。
本展では、大佛がカメラファンとしてどのような写真を撮ったのか、一方でどのような姿で写され、時に記事となったのかを、大佛家に残された旧蔵写真を中心に、当時の読者の目に映った作家像にせまります。
時間
1月~3月 10:00~17:00(最終入館16:30)
4月以降  10:00~17:30(最終入館17:00)
料金
一般200円 団体(20名以上)150円 中学生以下無料

※横浜市在住の65歳以上の方 3月まで無料 4月以降100円
※毎月第2・第4土曜日は高校生以下無料
※毎月23日は「市民の読書の日」につき、高校生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方とお付添の方1名は無料
お問い合わせ
大佛次郎記念館
〒231-0862 横浜市中区山手町113
TEL:045-622-5002 / FAX:045-622-5071
Email: osaragi@yaf.or.jp

情報更新日:2022/1/12

※最新情報および新型コロナウイルス感染症対策については、お問い合わせ先や公式サイト等で必ずご確認ください。

会場情報

大佛次郎記念館

詳細
所在地
横浜市中区山手町113
最寄駅
元町・中華街(みなとみらい線)
石川町(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)
バリアフリー情報
車椅子貸出

【備考】

1階はスロープ設置により、車いす入館可

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン