テーマ展示「大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫」

(土)~(日)

大佛次郎記念館 2階ギャラリー

テーマ展示「大佛次郎と木村荘八 ―作家と画家、そして猫」の画像

大佛次郎1948年、木村荘八1949年(撮影:林忠彦)

洋画家・木村荘八(きむら・しょうはち、1893-1958)は、大佛次郎の小説に多くの挿絵を寄せました。二人は『霧笛』や『幻燈』など、 幕末~明治初期の開化期横浜・東京を舞台とした作品で何度もコンビを組みました。 作品数は20以上。 木村は大佛との関係について 「楽しく仕事し二人ともだんだんトシをとりました」 と語っており、大佛も 「『霧笛』が多少なり成功したのは、木村さんの鍛えこんだ芸に引立てられたせいである。小説が進む間に、私は何とも楽しくなった。」 とエッセイに書いています。 それぞれが「楽しく」仕事をこなし、互いに作品を高め合う存在だったことが分かります。 展示では、当館が所蔵する木村荘八の挿絵のほか、 木村の形見として遺族から大佛に贈られた「猫のおもちゃ絵」など、 「無類のネコ好き」同士でもあった二人の交流を紹介します。
時間
4月〜9月 10時〜17時30分(最終入館17時00分)
10月〜3月 10時〜17時00分(最終入館16時30分)
料金
高校生以上200円 中学生以下無料
お問い合わせ
大佛次郎記念館 045-662-5002

情報更新日:2023/11/30

会場情報

大佛次郎記念館

詳細
所在地
横浜市中区山手町113
最寄駅
元町・中華街(みなとみらい線)
石川町(JR 京浜東北・根岸線)
休館日
毎週月曜日(月曜祝日の場合は翌平日)
バリアフリー情報
車椅子貸出

【備考】

1階はスロープ設置により、車いす入館可

地図

おすすめのイベント RECOMMEND

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン