「やさしさのエピソード」と「やさしさの花の作品」募集

2020年9月1日(火)~2020年12月31日(木)

オンライン

「やさしさのエピソード」と「やさしさの花の作品」募集の画像
「やさしさのエピソード」と「やさしさの花の作品」募集の画像
「やさしさのエピソード」と「やさしさの花の作品」募集の画像
バイリンガルのアーティストママ3人が率いるアート団体LITTLE ARTISTS LEAGUE(LAL)が「やさしいことを一つすると、一つ咲くやさしさの花」をテーマに、誰かにやさしくされたこと、誰かにやさしくしたエピソードを思い浮かべながら、花を作って思いを伝える「やさしさの花」プロジェクトをオンラインで開催します。

WEBサイトでは、「やさしさの花」を「想像・imagine」し、「表現 ・create」し、「伝える・give」という三つのメッセージを表現したコンセプト動画(撮影:映像制作チームHappy Sunny Co)を公開する他、皆さんの「やさしさの花」の作品写真や、動画を募集します!「やさしさの花」を咲かせることで、あなたのやさしい思いや思い出を伝えてみませんか?「作品はちょっと…」という方は、やさしさのエピソードを投稿してください!それぞれのエピソードに合った「やさしさの花」を制作いたします。

皆さんに投稿頂いた画像は、それぞれをつないで、動画「やさしさの花:アートリレー」を制作し、12月に公開を予定しています。ソーシャルディスタンスが求められる中、「人と人との繋がり」の重要さが鮮明になった2020年。参加者が、おもいやりのエピソードを作品にして、伝えることで、この時代を生きるみんなの心をつなぎます。

皆さんそれぞれに咲く「やさしさの花」をお待ちしております!

※詳細はホームページよりご覧いただけます。


■アート団体「LITTLE ARTISTS LEAGUE(リトル・アーティスト・リーグ)」
LITTLE ARTISTS LEAGUEは、2016年に創設されたバイリンガルのアーティストママ3人が率いるアート団体です。
現在は、アートと海外にバックグラウンドを持つMioko Mochizuki、Lumico Harmony、Aimee Isobeがディレクターとして活躍しています。横浜を拠点に、アートを通じて、多文化、多言語、そして表現の多様性に触れることで、柔軟な発想とグローバルな視野を育む取り組みをしています。LITTLE ARTISTS LEAGUEの高いアート性やデザイン性、そしてグローバルマインドにも触れられるワークショップは、子どものみにとどまらず幅広い層から人気を博しています。
日程
時間
いつでも参加可能
料金
■無料
写真や動画の応募や投稿、サイトの閲覧

■有料
LITTLE ARTISTS LEAGUEオリジナルの「やさしさの花」キット
対象・定員
どなたでも参加可能
申込期間
2020年9月1日(火)~2020年12月31日(木)
お問い合わせ
LITTLE ARTISTS LEAGUE
littleartistsleague@gmail.com

情報更新日:2020/9/1

※情報公開後、変更されている可能性がございます。詳細は主催者へお問い合わせください。

会場情報

オンライン

おすすめのイベント RECOMMEND

画像:ページの上部に戻るアイコン