PICK UP よく見られているアートイベント

「第16回日中水墨協会展」併催展「中国優秀芸術家展」の画像

「第16回日中水墨協会展」併催展「中国優秀芸術家展」

日中文化交流の一環として、プロの中国人書画家と日本人書画家の作品を展示します。気韻生動をモットーとする中国水墨画愛好者の作品が中心となります。会期中、水墨画体験コーナーがあります。
2020年10月28日(水)~2020年11月1日(日)
神奈川県民ホール
企画展「俳優緒形拳とその時代 ―戦後大衆文化史の軌跡―」の画像

企画展「俳優緒形拳とその時代 ―戦後大衆文化史の軌跡―」

緒形拳は、1958年に劇団新国劇に入団以来、約50年間の長きにわたり、舞台、テレビ、映画など多分野で活躍した戦後日本を代表する俳優です。また人生の大半を横浜で過ごした「横浜ゆかりの俳優」でもあります。緒形が活躍した時代は、敗戦後の日本が、そして既存のメディアがめまぐるしく移り変わる時代と重なっています。本展では、緒形ゆかりの資料を整理した東海大学と連携し、緒形の足跡から戦後日本の大衆文化史を俯瞰し、現代史に位置づけることを試みます。

2020年10月3日(土)~2020年12月6日(日)
横浜市歴史博物館
横浜ラポール芸術市場 ラポール美術展の画像

横浜ラポール芸術市場 ラポール美術展

ラポール美術展は、障害のある方の日頃の美術活動の成果を披露する場として今年で27年目を迎えます。心あふれる書、美しい絵画や写真、個性豊かな立体造形など、今年も様々な作品が集まります。
2020年10月26日(月)~2020年11月1日(日)
障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
岩合光昭ミニ写真展「ねこのとけい」の画像

岩合光昭ミニ写真展「ねこのとけい」

■展示内容

岩合光昭ミニ写真展「ねこのとけい」は、自由気ままな“ネコの一日“を楽しめる約80点で構成されたミニ写真展です。ネコは居心地がいいところが好き。自分の好きなところで、自分の好きなように暮らしている、そんな自由気ままなネコたちの1日をお楽しみください。

■岩合光昭氏 プロフィール

1950年東京生まれ、動物写真家。身近なネコを40年以上ライフワークとして撮り続けている。2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組撮影を開始。ネコに関する著書に『ねこ』『ふるさとのねこ』『ねこのとけい』『ねこの京都』『岩合光昭の世界ネコさがし』 『岩合光昭の世界ネコ歩き2』『ねことはな』『ねことじいちゃん』などがある。また2019年2月に劇映画「ねことじいちゃん」で初の映画監督をつとめる。

岩合光昭 公式ホームページ[IWAGO]http://iwagomitsuaki.com
2020年11月7日(土)~2020年12月27日(日)
神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)

よむナビ YOMU-navi

個人情報の取り扱いについて

本ウェブサイトでは、お客様のウェブ体験を向上させるためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。これ以降ページを遷移した場合、上記の目的のためにクッキーを使用することに同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシー をご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン