PICK UP よく見られているアートイベント

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」の画像

第8回横浜トリエンナーレ「野草:いま、ここで生きてる」

横浜トリエンナーレは、3年に一度開催される現代アートの祭典です。2001年にスタートし、200を数える国内の芸術祭の中でも長い歴史を誇ります。国際的に活躍するアーティスティック・ディレクター(AD)を毎回招き、世界のアーティストたちがいま何を考え、どんな作品をつくっているかを広くご紹介するのが特徴です。

環境破壊や戦争、経済格差や不寛容――わたしたちの世界は今⽇多くの問題を抱えています。ADが企画する「野草:いま、ここで⽣きてる」展(以下「野草」展)は、先⾏きの⾒えないこの時代を、野草のようにもろく無防備でありながら、同時にたくましく⽣きようとするひとりひとりの姿に⽬を向けます。
世界中から集まる現代アーティストたちの作品を通してわたしたちの⽣き⽅をふり返り、その先にきっとある希望をみなさんとともに⾒出したいと考えます。

「野草」展のメイン会場は、本展をもって3年ぶりにリニューアルオープンする「横浜美術館」と、港近くの「旧第⼀銀⾏横浜⽀店」および「BankART KAIKO」です。また、「クイーンズスクエア横浜」、「元町・中華街駅連絡通路」の無料空間にも作品を展⽰します。
あわせて「アートもりもり!」の名称で、「野草」の統⼀テーマのもと、地域の⽂化・芸術拠点が多彩な展⽰やプログラムを展開します。海と⼭、新しいまちと歴史あるまち。さまざまな横浜の素顔に触れながらアートと対話する――そんな横浜ならではの街歩きをお楽しみください。
2024年3⽉15⽇(⾦)-6⽉9⽇(⽇)[休場⽇:毎週⽊曜⽇(4⽉4⽇、5⽉2⽇、6⽉6⽇を除く)|開場⽇数:78⽇間]
横浜美術館、旧第一銀行横浜支店、BankART KAIKO、 クイーンズスクエア横浜、元町・中華街駅連絡通路
黄金町バザール2024  – 世界のすべてがアートでできているわけではない –の画像

黄金町バザール2024 – 世界のすべてがアートでできているわけではない –

黄金町バザールはアートとコミュニティの関係、アジアとの交流をテーマに2008年より開催しているアートフェスティバルです。15 回を迎える本展では黄金町に関わりのあるアーティストをはじめ、アジアや横浜、他都市よりアーティストを招聘し、いくつかの章立てに分けて紹介します。また、黄金町のまちづくりの歴史を振り返り、その20年の軌跡を辿ります。

【ディレクターメッセージ】
私はかつてアートと世界は、各々の差異を理解してひとつになるだろうと考えていました。しかし今は、互いに理解することもひとつになることもなく、双方を意識して知ろうとする努力、つまりは「教育的関係」だけが存在しているように感じています。
今回のタイトルは、その出会いと対峙の瞬間を伝える言葉として考えてみました。
黄金町バザール2024 ディレクター 山野真悟

【参加アーティスト】
小幡春生 / 谷口安利 / キャンディ・ファクトリー / 岡田光生 / かずさ / 瀧健太郎 / 程 仁珮(チェン・レンペイ) / 寺島大介 / 平山好哉 / スティーブ・フロスト / 馬 延紅(マー・イェンホン) / 宮内由梨 / 実 実生 / 楊 珪宋 / 井上修志 / 獅子の歯ブラシ(稲村行真、船山哲郎、工藤結依) / 尋木昭帆 / 西松秀祐 / ハシグチリンタロウ / さとうりさ / 本間 純 / 普耘(プ・ユン) / ムン・チャンファン / 吳柏葳(ウ・ボウェイ) / クリス・チョン・チャン・フイ / ニディヤ・クスマヤ / 青木真莉子 / 地主麻衣子 / 柴田祐輔 / 山本篤 / 和田昌宏 / 安部泰輔 / 他ベトナムアーティスト1名
2024年3月15日~2024年6月9日、休場日:木曜日(4/4、5/2、6/6を除く)
特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター
BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」の画像

BankART Life7「UrbanNesting:再び都市に棲む」

BankART1929 では、第8 回横浜トリエンナーレと連携した以下の展覧会を開催します。
BankART1929 は、これまで横浜トリエンナーレ開催毎に、あわせて大規模な連携企画展「BankART Life」を開催し、3年に一度の総括とその後の指針を示してきました。BankART 活動開始から20 年のタイミングで開催する7回目の「BankART Life」のタイトルは「UrbanNesting:再び都市に棲む」です。

2004 年、横浜市が推進する創造都市構想のリーディング事業として始まったBankART1929 は、歴史的建造物や港湾倉庫などの遊休施設を文化芸術に活用することによって街ににぎわいをつくることをミッションに、館内外問わず様々な事業を展開してきました。またBankART 自身も、都市の変容と呼応して何度もその棲家を移動せざるをえなくなり、引っ越しを繰り返し、様々な危機に直面しながらも活動継続して現在に至ります。「都市に棲む」というフレーズは、そんなBankART のあり方としてたびたび使われてきましたが、この「棲む」という言葉には単に居住するという意味を超えた動物的な感覚が含まれています。

今回の会場となる「BankART Station」は、みなとみらい線「新高島駅」地下1階に広がる大空間であり、外部空間への結節点でもあります。この「BankART Station」を起点として、みなとみらい21 地区、関内地区、ヨコハマポートサイド地区の3つのエリアの日常空間に作品を展開します。さらに多様なガイドによる「ツアー」によって、さまざまな視点から都市を再び訪れ直してみたいと思います。

参加作家(五十音順・屋外展示作家含む)
淺井裕介、アトリエ・ワン+東京工業大学塚本研究室、石内 都、磯崎道佳、ウー・チェンイー、大田黒衣美、岡﨑乾二郎、甲斐貴大/studio arche、片岡純也+岩竹理恵、川俣 正、キム・ガウン、蔵 真墨、小林 椋、佐藤邦彦、さとうくみ子、志田塗装+酒井一吉、島袋道浩、下寺孝典(TAIYA)、白井美穂、SPACESPACE、鷹野隆大、高橋士郎、谷本真理、電子音響ピープル、野老朝雄、中谷ミチコ、西原 尚、蓮輪友子、婦木加奈子、blanClass+神村 恵、水木 塁、三田村光土里、光岡幸一、村田 真、矢内原充志、柳 幸典、ヤング荘、吉田山+西山 萌+木雨家具製作所、葭村太一、ワークステーション+武蔵野美術大学建築学科高橋スタジオ、ほか
2024年3月15日(金)~2024年6月9日(日)
BankART Station
いざなぎ流のかみ・かたち ー祈りを込めたヒトガタたちーの画像

いざなぎ流のかみ・かたち ー祈りを込めたヒトガタたちー

高知県北東部・香美市物部町に伝わる「いざなぎ流」は、陰陽道や修験道、仏教、神道などの要素が混在する民間信仰です。山川と共にある生業や暮らしと深く結びつき、神と相対するその祭儀では祭文や神楽、御幣が重要な役割を担います。いざなぎ流の御幣は用途ごとに沢山の種類がありますが、この中で目や口を表した「ヒトガタ」御幣たちは、かたちとしては可愛らしさを見せながら、時に凶悪な力をふるいます。

この独特の御幣が生まれた背景は明らかではありませんが、顔をもつことでアイデンティティーが現れ、より祈りを込めやすくなるのは確かでしょう。そこには横浜人形の家が扱ってきた古今東西の人形との始原的な共通点があります。

「紙」から切り出されさまざまな「神」に連なる御幣の世界、また、それらを生み伝えてきた、いざなぎ流や物部の世界。首都圏では17年ぶりの展示となります。この機会にぜひご覧ください。

会 期 2024年4月20日(土)~7月21日(日)
会 場 横浜人形の家 2階多目的室
休館日 毎週月曜日 *月曜日が祝日の場合は開館し翌火曜日が振替休館
2024年4月20日(土)~2024年7月21日(日)
横浜人形の家
新着 今日開催のイベント 今週開催のイベント 今月開催のイベント

よむナビ YOMU-navi

当サイトでは、利便性向上のためのアクセス分析及び、アクセス履歴に基づく広告配信等の目的でクッキーを使用します。サイトの閲覧を続けた場合、クッキーの使用に同意いただいたものとみなします。個人情報の取扱いについては、 プライバシーポリシー・サイトポリシーをご参照ください。

画像:ページの上部に戻るアイコン