PICK UP よく見られているアートイベント

KENSUKE TAKAHASHI アートワークショップ2020 at 横浜ラポールの画像

KENSUKE TAKAHASHI アートワークショップ2020 at 横浜ラポール

横浜を拠点に活躍するライブペインターKENSUKE TAKAHASHI氏と一緒に巨大キャンパスに家族で絵を描こう!みんなで1つの巨大アート作品を作ります 。

【KENSUKE TAKAHASHI プロフィール】
横浜出身在住のペインター。確かな描写力・緻密なテクニック・現実を飛び越える自由な発想力で、あえて画風を決めずに描くスタイルで壁画や飲食店舗内壁面アート、企業や行政へのアートワーク提供やライブペインティングイベト出演等活動の幅を多岐に広げている。近年では、大型の壁画制作としてJR横浜駅エキナカ・横浜吉田町・横須賀・町田・Pow!Wow!Japan神戸・マカオ等や、アートワーク提供として神奈川県啓発事業・横浜開港祭、横浜ワールドポーターズなど多数。
2020年10月31日(土)
障害者スポーツ文化センター横浜ラポール
ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」の画像

ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」

横浜トリエンナーレは、3年に一度開催する現代アートの国際展として2001年にスタートし、まもなく20年の節目を迎えます。本展は国際的に活躍するアーティストの作品から新進のアーティストまで、広く国内外の最新の動向を紹介し、横浜から新しい価値観と新たな文化を継続的に世界へ向けて発信し、国際交流と相互理解に貢献することを目指してきました。

第7回展となるヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」では、インドのニューデリーを拠点とするアーティスト3名によるラクス・メディア・コレクティヴをアーティスティック・ディレクターに迎え、彼らとともに時空を超える思考の旅へと誘います。
2020年7月17日(金)~2020年10月11日(日)
横浜美術館
トワイライト・トロンボーンカルテット 横浜公演~怒りの魔女と4つの試練の画像

トワイライト・トロンボーンカルテット 横浜公演~怒りの魔女と4つの試練

管楽器愛好家の間で話題のトロンボーン四重奏団、杉田劇場初登場!

メンバー:今村 岳志 東川 暁洋 廣田 純一 佐藤 敬一朗

プログラム:トワイライト・トロンボーンカルテットによる音楽劇
(コープランド:『ロデオ』~ファリャ:『三角帽子』~ハチャトゥリアン:『ガイーヌ』より「剣の舞」~ラヴェル:『マ・メール・ロワ』~チャイコフスキー:『白鳥の湖』『くるみ割り人形』etc…)ほか
2020年10月4日(日)
磯子区民文化センター 杉田劇場
企画展「俳優緒形拳とその時代 ―戦後大衆文化史の軌跡―」の画像

企画展「俳優緒形拳とその時代 ―戦後大衆文化史の軌跡―」

緒形拳は、1958年に劇団新国劇に入団以来、約50年間の長きにわたり、舞台、テレビ、映画など多分野で活躍した戦後日本を代表する俳優です。また人生の大半を横浜で過ごした「横浜ゆかりの俳優」でもあります。緒形が活躍した時代は、敗戦後の日本が、そして既存のメディアがめまぐるしく移り変わる時代と重なっています。本展では、緒形ゆかりの資料を整理した東海大学と連携し、緒形の足跡から戦後日本の大衆文化史を俯瞰し、現代史に位置づけることを試みます。

2020年10月3日(土)~2020年12月6日(日)
横浜市歴史博物館

よむナビ YOMU-navi

画像:ページの上部に戻るアイコン