PICK UP よく見られているアートイベント

第46回横浜普門館パイプオルガン「しおん」の夕べの画像

第46回横浜普門館パイプオルガン「しおん」の夕べ

貧しい粉ひき男が3人の息子に残した遺産は、風車とロバと猫。末の息子ジャンは可哀そうに猫一匹しかもらえず、明日の食い扶持にも困り果てていました。ところがこの猫、ただ者ではありませんでした。ニコラと名前をもらい、素敵な長靴を作ってもらうと…。ペロー童話「長靴をはいた猫」に寄せて、楽しいオルガン演奏会のはじまりです!

<曲目>
J.S.バッハ:G線上のアリア
ショパン:プレリュード
ラインハルト:練習曲
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲より
ウィリアムズ:スターウォーズ メインタイトル
ラヴェル:ボレロ
2020年4月9日(木)
立正佼成会横浜普門館 1階ホール
DUO ROSE  ~水辺に寄せる花と蝶~の画像

DUO ROSE ~水辺に寄せる花と蝶~

ソプラノ能城あけみとピアニスト田中礼二郎によるデュオ。
歌曲やピアノ曲など、主にフランスの音楽を中心に演奏いたします。
お子様もご一緒にお楽しみ下さい。


~歌とピアノによる水辺に寄せる花と蝶の曲~ 

 G・フォーレ:蝶と花 (sp)
 G・フォーレ:舟歌第2番 (p)
 助川敏弥:歌曲集「夕顔」より 夕顔、みそはぎ (sp)
 中山知子:もうすぐ誕生日、ブチもうもうの子守歌 (sp)
 F・シューベルト:ます (sp)
 F・シューベルト:即興曲第4番 (p)
 F・ショパン:「練習曲集 op.25」エオリアンハープ、蝶々 (p)
 R・シューマン:蝶々 op.2 (p)
 G・フォーレ:月の光 (sp)
 G・フォーレ:「5つのベネツィアの歌」 (sp)

※曲目は変更になる場合がございます
2020年5月4日(月)
横浜市イギリス館
らららん♪ドレミシリーズVol.8 0歳から大人まで楽しめるコンサート ~親子でリトミック~の画像

らららん♪ドレミシリーズVol.8 0歳から大人まで楽しめるコンサート ~親子でリトミック~

音楽に合わせて歌ったり踊ったり……。子どもの興味を引き出そう!親子リトミック♪

【講師】
市原 由里香 (リトミック)
田中 英摩帆(リトミック)

【曲目】
幸せなら手をたたこう
バスにのって
音楽に合わせて絵本の読み聞かせ 他
2020年5月27日(水) ※2020年3月19日より延期になりました
戸塚区民文化センター さくらプラザ
特別展「大岡昇平の世界展」の画像

特別展「大岡昇平の世界展」

【新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年3月4日(水)から臨時休館/4月以降開催の見込み】

日本の文学史上に大きな足跡を残し、昭和を代表する作家・大岡昇平(1909~1988)。若き日に小林秀雄、中原中也らと出会い、スタンダール研究家として知られた大岡は、1944年、35歳で出征し、九死に一生を得て帰還します。戦後、実体験をもとにした「俘虜記」で小説家デビュー、戦争文学の最高峰といわれる「野火」、ベストセラー「武蔵野夫人」を発表。その後もさまざまなジャンルの作品を手がけ、研究・評論・翻訳にも多くの業績を残しました。1967年には「レイテ戦記」の連載を開始、高い評価を得ています。本展では、ご遺族から当館に寄贈された「大岡昇平文庫」の資料を中心に、生き残った者としての責任を負いながら、一文学者として戦後日本を歩み続けた、その生涯を辿ります。
知識人である大岡が、一兵卒として体験した戦争。その透徹したまなざしが描き出した作品は、人間の根源的な問いを内包する、優れた世界文学として読みつがれています。戦後75年を迎える今、大岡作品が伝えるメッセージを改めて見つめ直す機会となれば幸いです。
2020年3月20日(金)~2020年5月17日(日) ※3月4日(水)から臨時休館中(4月以降開催の見込み)
県立神奈川近代文学館
画像:ページの上部に戻るアイコン