PICK UP よく見られているアートイベント

松本敏裕×亮平展 ~それぞれの表現Ⅵ~の画像

松本敏裕×亮平展 ~それぞれの表現Ⅵ~

美術作家の松本敏裕、亮平の6回目の展覧会です。敏裕はヴェネチアの風景や静物画、亮平は動物をモチーフとした寓意画を展示します。
開催中 美術
2020年8月4日(火)~2020年8月10日(月)
泉区民文化センター テアトルフォンテ
ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」の画像

ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」

横浜トリエンナーレは、3年に一度開催する現代アートの国際展として2001年にスタートし、まもなく20年の節目を迎えます。本展は国際的に活躍するアーティストの作品から新進のアーティストまで、広く国内外の最新の動向を紹介し、横浜から新しい価値観と新たな文化を継続的に世界へ向けて発信し、国際交流と相互理解に貢献することを目指してきました。

第7回展となるヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」では、インドのニューデリーを拠点とするアーティスト3名によるラクス・メディア・コレクティヴをアーティスティック・ディレクターに迎え、彼らとともに時空を超える思考の旅へと誘います。
2020年7月17日(金)~2020年10月11日(日)
横浜美術館
ムジカ・レセルヴァータによる テレマン=パリ・カルテット演奏会 Vol.2の画像

ムジカ・レセルヴァータによる テレマン=パリ・カルテット演奏会 Vol.2

CDもリリース、10周年を迎えた円熟アンサンブルが贈る華麗な音楽の夕べ。
古楽アンサンブル=ムジカ・レセルヴァータによるテレマン=パリ・カルテツト全曲演奏会Vol.2。

G.Ph.テレマン パリカルテット(1730)
協奏曲第二番 ニ長調、ソナタ第二番 ト短調、組曲第二番 ロ短調 他

今回は東京で大好評の昨年「第一番」に続き、「第二番」がツアーに先立ち鶴見に初登場!既に「鶴見de古楽」シリーズで活躍のプレーヤーたち国枝さんのフラウト・トラヴェルソ、バロック・チェロの髙橋さん、チェンバロの岡田さんに、バロックVn.の草分け小野萬里さんの揃い踏み。

当時のフランスの名声パリ楽師たちを驚愕・興奮させたテレマンのバロック・アンサンブルの金字塔「パリ=カルテット」の 洗練の躍動を、音楽ホールの最高音響で鮮明に再現します。古楽ファンならずともその音楽に驚嘆と心酔すること必至です。コロナ対応の50席(自由)限定です。お聞き逃し無いように。

当日現金授受を避けるため、当日券はありません。
ご来場者リストの確認でご入場頂きます。チケットはありません。
また、当日はマスク着用にてご来館ください。
発熱・咳などの症状の方はご来館をお控えください。
2020年9月11日(金)
鶴見区民文化センター サルビアホール 
画像:ページの上部に戻るアイコン